好きなことだけして生きていたい

ROSE DIARY

昔話

楽しかったガールズバーでのアルバイト時代

投稿日:

学生時代にガールズバーで働いていた時の話です。

ちょっと割のいいアルバイトとして

神戸の大学に進学したので、ちょっと割のいいアルバイトとして働きだしたのがきっかけです。
仕事内容は主にカウンター越しの接客で、お酒を作ったり、おつまみを提供したりしていました。

神戸市内の従業員5名くらいのこじんまりとしたガールズバーです。
昔ながらのお店だったでので、常連客も地元の方中心、年配の方、また企業の役員クラスの方などが多かったです。

私自身お酒が好きなので、お酒の銘柄や作り方など勉強になることが多く楽しく仕事をしていました。
お酒の飲み方,酔っ払いのかわし方などは、会社に就職してから特に役立ちました。

お酒を飲む場なので始めは不安でしたが、徐々に仕事になれていき、いやな思いもせず働けました。
5年働き、最終的には副店長のポジションまで行きました。

人間関係に悩むことなく楽しい職場だったけど…

大学を卒業し、地元に帰ることになったのでやめました。
5年働き従業員をまとめることもしていたので、このままここで働きたい気持ちもありましたが、社会人として会社に就職し社会に貢献したいという気持ちのほうが勝っていました。

人間関係やお客さま関係に悩むことなく、気持ちよく仕事ができましたし、常連客もかわいがってくれ楽しい職場でした。
辞める時には卒業パーティーを盛大に開き、送り出してくれ、今ではとてもいい思い出です。

ガールズバーですが5年感接客業をしてきて、人と関わる仕事が好きで自分にも合っていると感じたので、就職活動は営業職を中心に探しました。
また実家から通える距離にあること、福利厚生もしっかりしているところも重視し就職活動をしました。

転職サイトを利用し地元の会社に就職できた!

リクルートの転職サイトを利用しました。
経歴、希望職種を伝えると、エージェントがマッチする会社と引き合わせてくれ、面接日まで決めてきてくれました。

また社会人としてのマナー講座も無料で参加でき、有効に活用できてありがたかったです。
営業職を希望していたので、保険会社など何社か面接をうけ5社目で最終面接までこぎつけ、地元のIT、ソフトウェア会社に就職できました。

その転職サイトはすべて無料で利用できました。
就職すると就職先の会社がリクルートにお金を払うシステムでした。

実家から通える距離にあることと、希望の営業職ができるかを条件として見ていました。
また社長の人柄や給料、研修制度、福利厚生、風通しのよさも重視していました。

まめにホームページをみて会社の雰囲気などをチェックしていました。

エントリーシートや面接などエージェントの支援は大きな支え

大変だったことは、エントリーシートの作成です。
エージェントが手伝ってくれるとは言え、自分の過去の洗い出し作業や、自分自身について考える作業が大変でした。

エントリーシートで受かったのに面接で何回か落とされたので、ショックで立ち直るまで時間がかかりました。
面接にもコツがいると思い、業種ごとにアピールポイントを替えてたくさん練習しました。

そして、専任のエージェントが支えてくれたのは大きな支えとなりました。

女性初の営業職!落ち込むこともあるけど充実の毎日

主に自社開発のソフトウェアの営業活動です。
営業職が5名ほどいます。
すべて男性です。

私は女性初の営業職として採用されました。
女性ならではのきめ細やかな対応を目指し、丁寧な営業を行っています。

慣れないことばかりでまったく仕事が取れず初めは大変でした。
ソフトウェアだけでなく、次第にホームページ作成の営業もするようになりました。

官公庁のホームページ作成の入札にも参加し、入念に準備をし見事指名されたときはとてもうれしかったです。
あまり知識がなかったので毎日勉強ばかりでしたが、だんだん知識や経験値もアップし自分の思うような仕事ができてきました。

失敗もたくさんして落ち込むこともありますが、充実した毎日を送っております。

倒産の心配がなかったところも決め手の一つ

新卒で入ったので、研修も充実している点や、中規模な会社でしたが福利厚生もしっかりしているところも魅力でした。
またバックの会社が地元の有名企業だったので、倒産の心配がなかったところも決め手の一つだったです。

「よかったこと」は、度胸がついたことです。
少々失敗しても、怒られても、一瞬落ち込むのですが、次の瞬間には立ち直れる術を身に付けました。

ルート営業でも初めてのところにも臆することなく飛びこめる度胸はだれにもまけません。
そこから人間関係を築いていくのは簡単ではありませんが、一番楽しめたところです。

「あまり満足できなかったこと」は給与です。
入社した当時は給与が満足にもらえていました。
その翌年から業績がさがり、ボーナスも満足にもらえず、年収も下がり残念でした。

「想像と違ったこと」は人間関係です。
従業員のほとんどはSEです。
SEは皆が遅くまで残業します。

良く言えば家族的で結び付きが強く、ドライな人間関係を好む私にはなじみにくかったです。
社員内の交流行事(社員旅行も含めて)が頻繁にあったので、参加するのが億劫でした。

転職して後悔したことは一度もない!

別の世界に飛び込むのはとても勇気がいることです。
でも勇気を出して一歩踏み出すと、自分の世界が広がります。

どんどん新しいことにチャレンジしていってください。
そのうちに人として大きく成長した自分に出会えます。

私は数回転職していますが、転職して後悔したことは一度もありません。
どんどん魅力的になっている自分に気づいています。

-昔話

Copyright© ROSE DIARY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.