好きなことだけして生きていたい

ROSE DIARY

昔話

アラサー女子の転職活動は辛いよ

更新日:

派遣の仕事を転々として、また正社員を目指して転職活動した時のことです。

30歳を超えると書類選考で落とされることも多い

派遣で転々としながらも、なかなか正社員として定着できず、その挫折感から立ち直りリセットするまでの気持ちの切り替えが大変でした。

あとはやはり転職するにあたり、年齢が30才を超えていたため、応募企業から書類選考の時点で落とされることも多く、年齢の壁を感じました
また、インストラクターから別業種への転職のため、面接などで何故退職したのか理由を聞かれたときに挫折を思い出しつらかったのと本当の理由は言えませんでした

英語力だけでなく専門知識も必要な翻訳業務

大手医療機器メーカーのマーケティング部にて自社開発製品のプレゼン資料やカタログ、社内文書、法的文書、治験申請資料、メール等の翻訳、海外からゲストが来日した際やビデオ会議での通訳などに従事しました
あとは、部内社員や上司の海外学会や研修出張時のホテル、レストラン予約や交通手配(海外に電話をかけることもありました)スケジュール管理などの仕事もしました。

医療の専門資料を翻訳するに当たって、わからないことは専門知識のある方に聞きながら作業ができたため、知識の勉強と理解に役立ち医療の知識や医療英語を向上したかった私には大変良い職場でした
もともとは国内大手薬品会社と外資の合弁でしたが現在は100%外資です。

年収アップで、医療の専門用語・医療英語を学べた

将来的に専門性を持つ翻訳者/通訳者として活躍したかったため、キャリア形成を見据えて興味のあった医療機器メーカーであるその会社に決めました。
外資が入っていたため生の自然な表現の英語に日常的に触れ英語力を向上出来るところも魅力でした

よかったことは、転職時の希望通り年収がアップしたこと、興味のある分野である医療用語と医療英語を学ぶことが出来たところです
専門分野においては大きなシェアを持つ製品を持っていたため、優秀な人材が多く一緒に仕事がしやすかったです。

あまり満足できなかった点はやはり100%翻訳/通訳の仕事に従事する訳ではなく、庶務、雑用的な仕事をしなければならないこともあったため100%翻訳と通訳の仕事に集中できる環境であればなお良かったです。
但し、医療英語に関しては全くの初心者であったにも関わらず、エントリーできたことには感謝しており、今現在の仕事にも大変プラスになっています。

想像と違ったことは外資の割には大変内資の文化を持つ企業だったことでしょうか。
公用語が英語であるとか、社員全員がある一定の英語力を保持するというような環境ではなかったです。

手遅れはない!勇気を持って進もう

人生は一度きりなので、手遅れはありません
どんな人でも得意な事、苦手な事そして自分がやっていてやりがいを感じる楽しいこととそうではない事があります。

折角生まれて来たのに、嫌な仕事を毎日して苦手なので思うようにいかず自己嫌悪に陥りながら続けるよりも、得意な事を活かして輝ける場所があるはずです。
勇気を持って未知なる可能性へ進まれることをお勧めいたします

-昔話

Copyright© ROSE DIARY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.